人気ブログランキング |

花と日々のこと。   三菱地所ホームでお家を建てました。ハウスメーカー決定から建築中の事。入居してからの事。色々のんびり更新中です♪
by toujours-fleur
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
*main site*
Toujours

「Toujours」はフラワーアレンジや私の好きなモノをご紹介させていただいているHPです。


*excite以外のブログ*
comme tous les jours
カメラと一緒にパリでお散歩
mocoのひとりごと2
it's my life
HALF NOTE
フォロー中のブログ
simple flowers
It's my life
Pâtissière Y...
moco's foto log
カテゴリ
Profile
日々のこと
花のこと
お家のこと(キッチン)
お家のこと(契約後)
お家のこと(未分類)
お家のこと(契約まで)
おけいこ
おでかけ
携帯より
お知らせ
お家の事(入居後)
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
(139)
(91)
(68)
(36)
(20)
(18)
(14)
(12)
(10)
(7)
(7)
(6)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

出来る事と出来ない事
私達が住む予定の場所は『準防火地域』です。

これが厄介でして。。。

私は最初、
『外にポストを設置するのでは無く、ドアの横辺りに埋め込みポストを設置して外に出なくても玄関内で郵便物を受け取れる様にしたい』と思っていて、営業さんに言ったら、
 「残念ですが、準防火地域なので、それは出来ません。」との答え。

その時に初めて知ったのですが、基本的にドアも窓も「防火」となっているモノしか付けられません。興味は全く無いですが、丸い窓とかもダメ。
但し、窓はシャッターさえ付ければ防火以外のものでも付けれます。

それで、その「防火」のドアや窓の値段が高い!
全く同じ見た目で1.5~2倍の値段です。
窓は網入りしかダメだし。

ドアや窓のメーカーさん曰わく
「こんな事をメーカー側が言うのもなんですが、これは誰も得しない悪法です。儲かるのは国だけ。
防火の検査費用がめちゃくちゃ高い為、それが金額に乗っかるので、結局実際購入する施主側に負担が掛かってしまいます。
防火のドアや窓の種類が少ないのはメーカーが高額な検査をやりたがらないからで、実際は防火とそうでないモノの性能の差はほとんどなくて、何が違うのかと言えば検査を受けたか受けていないかの差だけです。
全く同じ材料・性能でも検査受けてないと防火として認められないのです。
いちいち全部検査を受けていたら大変なので、新製品が出ても防火のタイプは無い場合が多いのです。
防火の地域も全国的に考えたら23区等、大都市の限られた地域だけですし。
検査は実際にドアや窓を燃やすのだけど、窓ガラスが溶けても網が残っているかとか、ドアが燃えても枠が残っているかとか等、消防の専門家が考えた防火の検査内容で無い為、一体これのどこが防火なのかハッキリ言って疑問です」と言っていました。

そんなものをわざわざ高いお金出して入れないといけない訳なのか~。
ショック。
ちなみに、大昔は性能は満たしているけど検査を受けてないモノをいれたりする事もあったそうですが、現在は途中検査があるのでそれをやると工事が途中でストップするそうです。




by toujours-fleur | 2016-07-03 23:21 | お家のこと(契約まで)
<< ありえない対応 その3 エアロテックのセミナーへ行く >>