花と日々のこと。   三菱地所ホームでお家を建てました。ハウスメーカー決定から建築中の事。入居してからの事。色々のんびり更新中です♪
by toujours-fleur
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:インテリア ( 14 ) タグの人気記事
ルイスポールセンのセミナーへ行く
先日、ルイスポールセンの明かりセミナーへ行って来ました。

ICさんに「照明をルイスポールセンに決められているならめったにセミナーは行われないので是非行って見て下さい。たくさん実物も見れますし」と紹介してもらい、普段クローズしている土曜日に六本木のショールームへ行って来ました。

大塚家具には無かった大きいサイズのアーティチョークが!ステキ~☆
やっぱり良いなと思うけど付ける場所とお値段がねぇ。。。

セミナー、オットは最初「たかがダイニングのライトの為に行くの??miyukiさん1人で行けば?」とか言っていましたが、無理矢理連れて行きました。

スライドを見ながら色々と説明して貰ったのですが、私が一番参考になったのはデンマーク本社に勤めている社員の方のご自宅の写真でした。
たくさん間接照明があるのですが、同じ部屋で点いたり消したりした写真がたくさん用意してあり、雰囲気の違いなどとてもわかりやすかったです。また、どうすれば照明でも部屋を広く見せられるかのポイントなど教えて頂きました。

電気のショールームって家具も無く、ただライトが並んでいるだけなので実際どうなのかってイメージし難いんですよね。
セミナー参加出来て良かったです。


オットが何で私が選んだモノを珍しく気に入ったのかわかる気がしました。

PHも緻密に計算されて出来上がった明かりでデザインは二の次なんですよね。
見た目だけとかデザイン的な事では無く、計算によって出来上がった形という事で珍しく気に入ったのだと思います。

新しいデザインのライト、パテラはフィボナッチ数列に基づいて作られている云々という説明がありました。
帰りの車内で『ねぇ。「ガリレオ」のドラマでも暗号の解除にフィボナッチ数列が云々とか出てきたけど、今までずっと架空の言葉だと思ってた。本当にそんな数列があるんだね!』
と理系のオットに言ったら超呆れ顔で「当然です」と言われました。

しょうがないじゃん。高2から文系なんだもん。。。

[PR]
by toujours-fleur | 2016-11-12 00:12 | お家のこと(未分類) | Comments(8)
店員さん、日本家具について語る
店員さんにウンチクを延々と聞かされる事になってしまいました。。。

桐は木では無く、草であり、切り株の真ん中に穴が空いているのは茎だから。でもどう見ても「木」にしか見えないので「木に同じ」という漢字になった。とか。。。
防虫効果は桐には無く、単純に虫が桐を好きで無いだけなので、防虫剤は必要。とか。。。
(最近は桐を食べる虫もいるみたいですし、「桐は草」も諸説あるようですけど。。。)


その後も色々説明受けましたが、日本家具って今の時代にはやはり合わないのかもしれません。

おいてある家具に「お手を触れないで下さい」と書いてあり、白手袋が置いてあります。

桐の箪笥は手の脂だか、タンパク質だかの跡がついてしまうとの事で、触ってすぐはなんとも無いけど、後から触った所が出てきて、そうなるともう削る以外に方法が無いとの事。

漆塗りはもっと大変で、触ったら手跡がつくのは勿論だけど、紫外線で白っぽく変色してしまうので、置く場所に注意が必要な事。
古いお家の仏壇が何か白っぽく古い感じに見えるのは紫外線のせいなので、電気をLEDに変えて日に当たらない場所へ置くとかしないと防げないそうで、やっぱり行灯を使う江戸時代向きだなぁと思いました。

今はこういう家具はお茶やお花、日本舞踊の先生等の着物を頻繁に着る機会のある方しか買わないと言っていました。
私はそれらを習ってもいないので全く必要無い為、『はぁ。。。そうですねぇ。。。必要無いです』と言いながら売り場を去ろうとしたのですが、ずっとくっ付いて来てなかなか離れてもらえず、困りました。
久しぶりに来たお客に語りたかったのか、あらゆる日本家具の説明をされました。
おかげで駐車料金が凄い事に。
「あの人に捕まらなかったらこの半分で済んだのにね」とオット。日本家具売り場見に行くと言い出したのはオットなんですけどね。
必要の無いモノを見に行くのは止めようと思いました。。。
[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-31 00:04 | お家のこと(未分類) | Comments(6)
照明を見に行ったら、、、続き
好みもあるかとは思うけど、三菱のインテリアフェアのソファーとは全然違う!

やっぱり良いモノのは違うんだなぁと思いました。
(お値段も違いますが。。。)

でも、意外と安くても『この値段でこれなら良いのでは?』と思うのもあれば、『これはダメ。。。こんなちょっとだけなのにこの角が当たって痛い』と思うモノ。ちょっと座っただけでぐちゃっと凹むのとか色々ありました。
高ければ良いと言う訳でも無く、高い価格のフロアのチェアでも??と思う座り心地のもありました。
完全に見た目だけって感じの座面の薄さのとか。ツボ押しチェアかと思うほど固かったモノ。
固いのも好みの問題かもしれませんが、ずっとは座っていられないなぁって感じ。

カーペットで面白いのがあり、靴脱いで試して下さいと書いてあったので試したら気持ち良かったのがありました。
「苔」というタイトルがついていて、色んな緑色のまだら模様になっていて、遠くから見たら本当に苔があるみたいでした。踏み心地も苔の感じを再現してあってとても気持ち良かったですが、お値段60万越え、コーディネートも難しそう。

一通り見て帰ろうとしたのですが、他と違って奥まった所にわざわざ行かないと見れない日本家具のコーナーがあり、オットが「見て行く」と言うので行きました。

お客様誰もいません。
和室も無いし、買う予定も無いので、さらっと『わ~この一枚板の座卓1000万もする~』とか見て出ようとしたのですが、オットが「桐のタンスがあっていい匂いがする」と言うので、じゃあちょっとだけと思ったら店員さんに捕まり、桐についての演説が始まってしまいました。。。

[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-29 00:07 | お家のこと(契約後) | Comments(2)
照明を見に行ったら、、、
カーテンの打ち合わせの時に、照明の打ち合わせもしました。
殆どダウンライトなのですが、ダイニングだけはお好きなのを付けて下さいと未定になっていました。

マンションになったとしても、もし家を買うなら付けたい照明がありました。


ド定番かと思いますが、ルイスポールセンの照明。
でも、ずーっと前から付けたかったのです。

途中でオーデリックに行った時はスワロフスキーのキラキラしたのとか、建築家デザインのに似せたのとか、違うのに浮気しそうになりましたが、シンプルだし、やっぱり光がキレイ。


「まぁ、直付けしないのならまだ時間あるので、ショールームに行って見てきて下さい」と言われ、打ち合わせの後行こうとしたのですが、まさかの「土日祝日休み」。

あの。。。平日働いているんですけど。。。
しかも、18時30分クローズ。。。
う~~ん。何とか頑張ったとしても、5~10分見れるか見れないかぐらい。
いつ行けるかわかんないので、沢山置いてありそうな大塚家具の有明ショールームへ行く事にしました。

オットにも実物を見せないと。
打ち合わせ中に「今までモデルハウスとかで実物見た事ある?」と言うので、
『私は個人的に見た事あるけど、モデルハウスには無かったよ』と言ったら、
「じゃあ、ダメ!」
『えぇ~?!何で!』という話があったので、絶対オットに実物を見せないといけなかったのです。

全部では無いけど、沢山置いてありました。
オットも意外と気に入ったみたいだったので、一安心。
見積りも出して貰いました。
ちょっとコードが長いのですが、切らなくても使えるカバーもあるみたいでした。それ良いなと思ったのですが、考えたら他に使用する場所が無いから切って貰っても良いかなとも思います。

すぐ終わってしまい、せっかくだから、他のソファーとかも見て行こうとなったのですが、、、
[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-27 00:09 | お家のこと(契約後) | Comments(4)
カーテンはどうする? その5
長くなってしまったのですが、リビングの続きです。

掃き出し窓は最初何も付けなくても良いかもと思っていました。
どこからも覗かれる事が無い様な設計になっているからです。

しかし、ICさんに「何も付けないと夜暗くなった時に窓に室内が鏡の様に映りこんで気持ち悪いという方が居ます」と言われました。

まぁ、高層マンションの様にキレイな夜景が一望出来る訳でも無いので夜ずっと外が見れても意味ないし、一人の時に映った自分に『誰か居る!』とかビックリしそうだなぁと思っていたら、オットは「ここにも何かつけないとダメだと思っていた」と言い出しました。

ICさんに、「カーテンは場所を取られるし、せっかく他がハンターダグラスなのだから、カッコ良く行きましょう」と言われ、こちらはアルペジオ センターレースを採用する事にしました。

これはブラインドとは違って良く出入りする掃き出し窓に向いています。
ブラインドだと、出入りするのに自分の身長位まで上げないといけないのが面倒だけど、こちらなら自分が通る部分だけ畳むことも出来るし、良いなと思いました。
一応、ICさんが「こちらはとても良いお値段なので、同素材のロールスクリーンの見積りも出します」と言ってくれて出して貰ったのですが、何よりオットが、こちらを気に入ってしまったんですよね。。。

思っていた以上に色々付けちゃったから、最初に思っていた通り家具はベッド以外は今回は見送って、住んでから徐々に揃える事にします。
噂には聞いていたけど、カーテンって高いですね。

[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-24 06:00 | お家のこと(契約後) | Comments(4)
カーテンはどうする? その4
さて、リビングです。
ここは吹き抜けがあって高い位置に窓があるのですが、オットと『何かブラインド的なモノを付けないと夏かなり暑そうだよね』と前から話していました。

ICさんにもカーテンの打合せでも無い時に「こちらの窓、現地でどれくらい日が当たるのか実際に見ないと何とも言えないですが何もつけないというのは夏がかなり厳しそうです。冬の昼間は暖房が要らなそうですが」と言われていました。

最近は冬の寒さよりも夏の暑さをどうするかの方が重要視されているみたいです。

最初はこちらも『ハナリ』を使おうと思っていたのですが、残念な事に手動式しか製造されてないので、3メートル近い紐がプラプラするところが2~3箇所に。
壁が白とか全部が窓でその脇に紐なら目立たないのですが、窓と窓の間に壁があるので(文章では難しいですね)、私的には電動が良いなぁと思っていました。
最初は「自分は別に気にならない」と言っていたオットも、さすがに両側に2本見える箇所もあるとわかると、「その部分だけ電動にするならこっちも電動で良いか」となりました。

電動になると自動的にハンターダグラスになります。
私が電動の方が良いと思ったのは紐の見え方の事だけでは無くて、上げ下ろしの時にずっと上を向いていて、首がツラいなぁと思ったのも理由のひとつ。

簡単に上げ下ろし出来ないとなると、せっかくなのにずっと閉めたまま又は開けたままになりそうなので、そう言うと、「じゃあ、電動にしたら上げ下げするんだね!」とオットがプレッシャーを掛けてくるのですが、住んでみないとどれくらい眩しいとか、暑いとかわかんないので、『必要に応じて使うよ』とだけ答えました。

ちなみに電動は高い所にある窓だけです。通常の高さのは手動です~。少しでも節約しないと!

[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-22 00:06 | お家のこと(契約後) | Comments(6)
カーテンはどうする? その3
次はオットの仕事部屋兼客間です。
ここが透明ガラスじゃないと思っていた部屋。
『毎日使う訳じゃないし別に無くても良い(透明じゃないし)』と思っていたのですが、ガラスが透明だったし、「昼間は大丈夫ですが、夜は外から中がよく見えるので、通りに面しているので付けましょう」と言われ付ける事になりました。

主にオットが使うので全てお任せしてあります。

オット、この部屋は『ハナリ』に決めたみたいです。
日本製のハナリはオススメとICさんに言われて、どうやら『日本製』に惹かれた様子。

あと、試してみて操作が一番しやすかったのもあるみたい。
それは慣れもあるんでしょうけども。

他社も説明してもらいましたが、とある会社のシェード、「お値段は一番お安いんですけど、細かい所が安っぽく出来てる」との事で、見たら確かにそんな感じでした。ずっと開けない場所ならこれでも良いかも。

後になってオットが、「カーテン自分達で取り付けるとかで減額するとかしないの?」と言うので、知人の話をしました。

その方は建て売りを購入したのですが、カーテンレールが付いてないとは思っていなくて、入居前のオプション工事に入れなかったので、自分達で取り付ける事になったのですが、大変だったそうです。
(カーテン工事とは書いてあったけど、電動カーテン等の特殊なモノだと思って断ってしまったんだそう)

市販のレールはサイズが合わないし、結局オーダーしたそうです。
唯一サイズが合った木製ブラインドを自分達で取り付けたら数日後重さに耐えきれ無かったらしく外れて床に落ちていたとの事。

なので、「カーテンレールは絶対最初から取り付けて貰った方が良いよ。ブラインドなら尚更」と言われていたので、減額といっても1箇所しかないから金額も大きく変わらないので特には考えていませんでした。
『カーテン自体は自作しても良いけどレールだけは三菱の方で取り付けて貰った方が良いと思う』と言ったのですが、オットには理解してもらえませんでした。
私が面倒で嫌がってると思ってるみたい。

失敗したら壁紙を破くリスクもあるみたいなんですがね。
せっかくの新築でそんな事はしたくないし、開け閉めも毎日する場所だから、何かの拍子にレールが落ちたらイヤだし。
「キチンとやれば大丈夫」と取り付けた事も無いのに自信満々だったのですが、ミシンも無いし、布を買いに行くとかの時間も無いし、どうするつもりだったのかなぁ。

[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-20 00:08 | お家のこと(契約後) | Comments(8)
カーテンはどうする? その2
ICさんに、「カーテンのキャンペーンは何もデメリットが無いのでじゃんじゃん使って下さい」と言われました。

『キャンペーンのデメリット??』と思っていたら

「カーテンは、リニューアル等で廃盤になったりするのは普通にある事なのであまり問題ではありませんが、床や窓の様な構造に関係するキャンペーンは気を付けて下さい」と教えてもらいました。

私達は知らなかったのですが、窓が安くなるキャンペーンがあったようなのです。その窓はカーテンを凄く選ぶ形状で、いわゆる「普通のカーテン」しか取り付けられないのだそう。

実際にはシェードやロールスクリーンを取りつける事も出来るけど、このキャンペーンの窓は開閉の部材が大きくて窓枠より少し出ている為、下の方が真っ直ぐ下りてこなくて浮いてしまうそうです。部材をかませて付ければシェードはキレイにつけられるけど窓からはかなり浮く感じになり、というどちらにしても少し収まりが悪い感じになってしまうのだとか。

窓メーカー側が安くしてでも売りたい為のキャンペーンなのでした。
そのキャンペーンの窓を採用された方の中にはシェードを付けたかった方もいらっしゃる様で凄く悩まれているみたいです。

お得なキャンペーンを紹介してもらうのはとっても嬉しいのですが、今回の場合、カーテンを付けない又は普通のカーテンを選ぶ人にとっては何の問題も無くてお得だけれど、シェードを付けたかった人には残念でしか無いですよね。
カーテンの打合せをしていると言う事はもう窓の変更は出来ない時期ですし。

同じ時期にカーテンの打合せと言う事は私達もそのキャンペーンは使えた様なので、ICさんが「その窓は入って無いから大丈夫。きちんと○○(営業さん)が選んでますね」とチェックしてくれました。
おそらく窓の配置や周囲の環境、今までの打合せを通してウチの営業さんは「紹介しない方が良い」と考えたのだと思います。

営業さんの能力差なのか、コミュニケーション不足なのか、「とにかく安くして」と施主に言われた結果なのか。。。誰が悪かったのかは私にはわかりません。。。(一番悪いのは窓の開閉部分ですし)
でも、どのくらいのキャンペーンだったのかは知りませんが、もし窓が半額とかになったらかなり減額なのは確かなので「カーテンの形状が限定されてしまう」と忠告があっても言われたら飛び付いちゃうのはわからないでもないです。

お得にすぐ飛び付くのでは無く、良く考えた方が良いなぁと思いました。

[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-18 00:04 | お家のこと(契約後) | Comments(4)
カーテンはどうする? その1
カーテンの打ち合わせがありました。

以前にカーテンセミナーの記事で『あまりつける場所がありません』と書いたのですが、実際は増えました。
私達2人とも寝室とリビング以外は曇りガラスだと思っていて、透明ガラスの部屋が他にあると思っていなかったのです。

ただ、居室以外の場所は付けない予定です。
ICさんにも「必要無いでしょう」と言われました。


まず寝室です。ここは最初からカーテンの予定でした。
最初は『寝室だから、遮光』と思っていたのですが、シャッターが付いている事と部屋の向きからICさんに「遮光の必要無いです」と言われました。
部屋の向きにもよりますが、やはり今は「朝日を感じて起きる」方が多いみたいで、お仕事が夜勤とか日中寝る必要のある方、真っ暗じゃないと寝られない方以外は遮光にしないそうです。

「取りあえず、好きな感じのをラックに集めてそれから考えましょう」となって、各自で選んでラックへ掛けました。

ICさんはプロなので、途中で縫い目が出ない様な布幅とか細かい事まで考えて選んでくださっていましたが、私達は単純に好みだけで選んでいました。(カーテンとお揃いのシェードを作る予定の為、途中に縫い目が来ると残念なのでと言われました)

このカーテン選びって意外と曲者で、安いと思ったら幅が狭くて結局高くなってしまったり、高いなぁと思ったら裏地を付ける必要が無くて、思ったより安く済んだりという事が発生します。

値段すら見ないで選んでいた私達は、ICさんに「さすがお目が高いとしか言い様が無いのですが、奥様が選ばれたこのカーテン、凄く良いお値段です。しかも裏地無いし。ざっくり計算するとこの窓1つ分で○○万円くらいします」と言われ、ビックリ!
『じゃあこれナシ無し~!。値段まで考えて選んで無かったです~』
そのカーテン、ICさんでも「これ、シルク?」と間違うくらい良く作ってあってキレイだったんですよね。ちなみにイギリス製でした。

『カーテン選ぶのってなかなか難しいですね』と言ったら

「これ、キャンペーンというか、リニューアルが決まってるメーカーがあるので、ここのだとお得に出来ますよ。」と教えてもらい、見たらとても良かったのでレースカーテンはその会社を採用する事にしました。
[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-16 00:02 | お家のこと(契約後) | Comments(10)
必要無いけど欲しいモノ
パナソニックの汐留ショールームに行った時に見たのですが、
『これ、いいなぁ』と思ったモノがあります。
d0083580_17220495.jpg
(画像はお借りしています)

電気の暖炉。

実物を見たのですが、炎がすごくリアルな感じでした。
いつまでも見ていられる感じ。


でも、エアロテックのお家には必要無いんですよね~。

ただ、今住んでいる所に床暖房があって使用している事と、新居のリビング下が駐車場になるので、最後まで「床暖房を入れなくても良いのですか?」と営業さんに心配されました。

エアロテックのセミナーでも「入れたけど結局使ってない」という方の意見を伺ったし、『無しで良いか~』と入れていません。
オットはそもそも暑がりだし。

もし、寒い事があったらこれを買おうかなぁ。


[PR]
by toujours-fleur | 2016-10-12 00:01 | お家のこと(契約後) | Comments(8)